月曜日, 5月 30, 2005

ちくしょう・・・

「トップ争いはライコネンとアロンソの二人に絞られる。しかし、ライコネンの右フロントタイヤは見るからに摩耗が激しく、バイブレーションが出てペースが上がらない。一方、アロンソは周回ごとにギャップを縮めていき、残り3周の時点で3秒差までライコネンを追い詰めた。そして、いよいよ迎えたファイナルラップ。二人の差が約1.5秒にまで縮まったそのとき、ライコネンの右フロントタイヤが悲鳴を上げた。数周に渡って続いたバイブレーションが原因で無惨にサスペンションが折れ、たまらずライコネンはコースアウト、リタイアを余儀なくされた。」(F1live.comより) 悔しい・・・ でも,アロンソのタイヤだってかなりダメージを負ってたはずだ. ギリギリの戦いを最後まで演じたライコネンとアロンソに感謝. こんなに興奮したグランプリも久々だった. ライコネンのクラッシュは悔しいけど,次回はまた勝ってくれるはずだ!!