日曜日, 3月 27, 2005

最後の音練ライブ

新横浜の某ホテルで行った研究室の卒業祝賀会を、夕方ごろに抜け出して日吉へ。 今日は、わがサークル"FLA"の卒業記念の練習場ライブがあるのだ。 自分にとって学生時代最初の思い出は、研究でもなければバイトでもない。紛れも無くサークルなのだ。なんといっても、大学に入学したときの最初の音練ライブの衝撃はすごかった。酒を飲みながら、ただただアコギを演奏するのだ。先輩から伝授してもらった山崎まさよしの名曲や、フィンガーピッキングの名曲を今でも忘れない。青春の1/3はギターに費やしていたかも・・? 学年が進むにつれてサークルとは距離を置くようになってしまったものの、たまにライブハウスに顔をだしたり、たまに出演したりもした。後輩の方が腕前をぐんぐん上げていて、思わず唸ってしまうくらいだったけどね。 そして今日は、以前のブログで紹介した河内さんや、後輩たちと酒を飲みながらライブを楽しんだ。「楽しくしたい!」という全員の気持ちが伝わってきて最高だった。 いまや完全にリスナと化してしまった自分だけど、ハープとドラムとアコギの自由なセッションを聞いているうちに、まさよしのコピーに没頭していた入学当初を思い出してしまった。あーまたギター弾きたい。 何年たっても、FLAが続いていけばいいなと思った。