金曜日, 2月 25, 2005

ありふれた脳内dump

他人を振り回しながら生きていることを,今日は強く実感してしまった. 本当は振り回しているつもりはない.それでも,自分は他人を振り回す. 他人を振り回したくない. 「頼んだ覚えはありません」 「自分は十分努力しています」 「言われなくても分かっています」 「振り回されたくなかったら,私のことは放っておいてください」 いいたくなることもしばしばある.でもそれは通じない.そう言うための努力も実力も不足しているからだろう. 一人できちんと何かをこなすことは,もっと努力や実力が必要だ.つまりは自己鍛錬が必要.でも簡単なことじゃない. それに,立ち向かうべき問題は無数.一人の体で背負える量には限界がある. 他人を振り回すことは仕方ない. そのかわり,感謝の気持ちを常に持つようにしないと. 「消極的振り回し」じゃダメで,「積極的振り回し」だ. 「これは一人ではどうにもなりません.振り回されてください」 「振り回されてくれて,ありがとうございます」 という具合. まずは何よりも,他人への思いやり.自己鍛錬はそこからだ. 「一人前」になるには,他人から独立することを考える前に,まず他人と関わっていくことを考えないと. 結局,学生でいる間は「一人前」になることは無かった. でもいつかはならないと.